国立市 任意整理 弁護士 司法書士

国立市在住の方が借金返済について相談をするならどこがいい?

債務整理の問題

自分一人だけではどうしようもないのが、借金返済・債務の問題です。
金額がどんどん大きくなり、利子を払うので精一杯。
借金返済に関しては、一人で悩んでいても解決は難しいものです。
国立市に住んでいる方も、まずネットの無料相談で、司法書士・弁護士に相談してみませんか?
いきなり事務所で直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、落ち着いて相談できるのではないでしょうか。
もちろん、国立市に対応している法律事務所や法務事務所を紹介しています。
一人で悩まず、司法書士や弁護士に相談するのが、借金問題解決への近道です。

国立市に住んでいる方が借金や任意整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

国立市の多重債務・借金返済の悩み相談なら、ここがおススメです。
弁護士対応で、全国対応の法律事務所。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いでもOKです。
相談料金はもちろん無料!
借金の取り立てをストップすることも可能。
過払い金、任意整理、自己破産、個人再生、など、借金や債務について相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



ウイズユー司法書士事務所(借金減額の無料診断)

ウイズユー司法書士

国立市在住の方が債務整理や借金の相談をするなら、「借金の減額診断」もオススメです。
全国対応の「ウイズユー司法書士事務所」が行う借金減額の無料診断です。
無料診断は、たった4つの質問に答えるだけなのでとても簡単です。
診断はウェブ上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気楽にできます。
また、診断結果の送信をすることもできますが、送信や無料相談は匿名でも可能なので安心です。
◆特徴◆
  • 4つの質問に答えるだけ!
  • 月々の返済額が減額できるかが分かる!
  • 匿名・無料で相談OK!
  • 全国に対応!
借金がいくら減るのか、月々の支払いがいくら減るのか、まずは気軽に無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断はこちら



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので国立市に住んでいる方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



国立市近くにある他の弁護士・司法書士の事務所を紹介

国立市には他にも複数の弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてください。


●渡邊司法書士事務所
東京都国立市 1丁目14-9 ステージ国立207
042-505-4592
http://watanabe-shiho.com

●司法書士事務所ライズ
東京都国立市東1丁目14-20 ハイムヤマ205
042-573-0004
http://rise-law.jp

●近藤誠司法書士事務所
東京都国立市 北一丁目5番の17
042-501-2151
http://kondo-office.com

●サン合同事務所(司法書士法人)
東京都国立市東1丁目4-15
042-580-5831

地元国立市の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

借金の返済問題に国立市在住で弱っている方

クレジットカードの分割払いやキャッシング業者などは、尋常ではなく高額な利子がつきます。
15%〜20%も利子を払わなければなりません。
住宅ローンの利子は0.6%〜4%(年間)くらい、車のローンの利子も1.2%〜5%(年)ぐらいなので、ものすごい差です。
しかも、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに利子を設定するようなキャッシング業者の場合、金利0.29などの高利な利子をとっていることもあります。
とても高額な金利を払い、しかも借金は増える一方。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ないのですが、金額が大きくて金利も高いという状況では、完済は厳しいでしょう。
どのようにして返済すればいいか、もう当てもないのなら、法律事務所や法務事務所に相談してはいかがでしょう。
司法書士・弁護士ならば、借金・お金問題の解決策をきっと見つけ出してくれるはずです。
長期返済の計画かもしれませんし、過払い金を請求して返す金額が減るかもしれません。
まず相談する、これが解決するための始めの一歩です。

国立市/債務整理は弁護士に依頼するのがおすすめ?|任意整理

債務整理とは、借金の支払いができなくなった際に借金をまとめることで悩みの解決を図る法律的な手法です。債務整理には、任意整理・自己破産・過払い金・民事再生の4つの方法があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債務者、債権者が直接交渉をし、利息や毎月の支払金を圧縮する手法です。これは、利息制限法、出資法の2つの法律の上限金利が異なっている事から、大幅に減らすことが可能なのです。話し合いは、個人でも行えますが、普通なら弁護士に依頼します。キャリアがある弁護士さんなら依頼した時点で面倒は解決すると言っても言過ぎではないでしょう。
民事再生は、今現在の情況を裁判所に了承してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮してもらう仕組みです。この場合も弁護士に依頼すれば申立てまで出来るので、債務者の負担は軽減されるのです。
自己破産は、民事再生、任意整理でも返済出来ない多額の借金があるときに、地方裁判所に申立てをして借金を帳消しとしてもらう制度です。この場合も弁護士の先生に相談したら、手続もスムーズに進むから間違いがないでしょう。
過払金は、本来なら返済する必要がないのにクレジット会社に払いすぎたお金の事で、弁護士もしくは司法書士にお願いするのが普通でしょう。
こういうふうに、債務整理は自身に適合したやり方をチョイスすれば、借金に苦しむ日常から逃れられ、人生の再スタートをきることが可能です。弁護士事務所によっては、債務整理又は借金に関連する無料相談を受付けてるところも有りますので、一度、問い合わせてみたらいかがでしょうか。

国立市|自己破産のリスクって?/任意整理

はっきり言えば世の中で言われている程自己破産のリスクは多くないです。土地や高価な車やマイホームなど高価値のものは処分されるが、生きていく上で要る物は処分されないのです。
また20万円以下の貯金も持っていてもよいです。それと当面の間数ケ月分の生活費が100万未満なら持っていかれる事はないでしょう。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれもごく一部の人しか見ないです。
またいわゆるブラック・リストに載り7年間くらいはキャッシングやローンが使用不可能な状況になりますが、これはいたしかたないことです。
あと決められた職に就職できなくなるということが有ります。しかしこれもごく少数の限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返すことの不可能な借金を抱えているのなら自己破産を行うというのもひとつの手なのです。自己破産を実行すれば今日までの借金が全部ゼロになり、新しく人生を始めると言うことで長所の方が多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士や弁護士や税理士や司法書士等の資格はなくなります。私法上の資格制限とし保証人・遺言執行者・後見人にもなれません。また会社の取締役等にもなれないのです。けれどこれらのリスクは余り関係ない時が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きな物では無い筈です。

関連ページの紹介です