堺市 任意整理 弁護士 司法書士

借金返済の相談を堺市在住の方がするならどこがいい?

借金返済の相談

自分一人ではどうしようもならないのが、多重債務・借金返済の問題です。
金額がどんどん大きくなり、金利を払うので精一杯。
借金返済の問題は、一人で悩んでいても解決は難しいものです。
堺市の方も、まずはインターネットの無料相談で、司法書士・弁護士に相談してみては?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れしないで相談できるかもしれません。
もちろん、堺市の人でもOKな法律事務所や法務事務所を紹介しています。
一人で悩むより、まず弁護士や司法書士に相談することが、借金解決への近道です。

堺市に住んでいる方が任意整理・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の借金返済や多重債務問題の相談なら、ココがおすすめ。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払いは、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをストップすることも可能。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、借金や債務のことを無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談を受け付けてくれるので、お金に悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



ウイズユー司法書士事務所(借金減額の無料診断)

ウイズユー司法書士

堺市の人が債務整理や借金の相談をするならまず、「借金減額の無料診断」もオススメです。
全国に対応している「ウイズユー司法書士事務所」が行う無料診断。
無料診断は、たった4つの質問に答えるだけなのでとても簡単。
診断はウェブ上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気楽にできます。
また、診断結果の送信や無料相談もすることができますが、送信や無料相談は匿名OKなので安心です。
◆特徴◆
  • たった4つの質問に答えるだけ!
  • 毎月の返済額がいくら減るのかが分かる!
  • 無料&匿名で相談OK!
  • 全国対応!
借金がいくら減るのか、月々の支払いがいくら減るのか、まずは気軽に無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断を匿名で



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので堺市にお住まいの人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



堺市近くの他の法律事務所・法務事務所を紹介

他にも堺市には司法書士・弁護士の事務所があります。参考にしてください。


●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

堺市にある地元の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

堺市で借金返済や多重債務に弱っている状態

借金のし過ぎで返済するのが難しい、このような状態だと憂鬱な気持ちになっていることでしょう。
いくつかの消費者金融やクレジットカード会社から借金をして多重債務の状態。
毎月の返済だと、利子を支払うだけで精一杯。
これでは借金をキレイにするのはほぼ無理でしょう。
自分1人では清算しようがないほどの借金を借りてしまったのならば、まず法務事務所や法律事務所に相談しましょう。
司法書士・弁護士に、今の借金の状況を話し、良い計画を見つけてもらいましょう。
最近では、相談無料という法律事務所や法務事務所も増えてきたので、一歩を踏み出して相談するのはいかがでしょう?

堺市/債務整理のデメリットって?|任意整理

債務整理にも沢山の手口があり、任意で貸金業者と交渉をする任意整理と、裁判所を通す法的整理である個人再生若しくは自己破産等の類があります。
では、これらの手続につきどんな債務整理デメリットがあるのでしょうか。
この3つの手段に共通していえる債務整理の不利な点といえば、信用情報にそれ等の手続を行った旨が掲載されてしまう事ですね。俗にいうブラックリストという状態になるのです。
だとすると、およそ5年〜7年くらいは、クレジットカードがつくれずまたは借入ができなくなるのです。しかし、あなたは返済金に苦しんでこの手続を行うわけですから、もうちょっとの間は借入れしない方が宜しいのじゃないでしょうか。じゃローンカード依存に陥っている人は、逆に言えば借入れが不可能になる事により救済されるのじゃないかと思います。
次に自己破産や個人再生の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続をした事実が掲載される事が上げられます。だけど、あなたは官報など読んだことがありますか。逆に、「官報ってどんなもの?」という人の方が複数いるのじゃないでしょうか。
実際、官報は国が発行する新聞のような物ですけれども、ローン会社等の特定の人しか見ません。だから、「自己破産の実情が周りの人々に広まった」等ということはまずないでしょう。
最後に、破産特有の債務整理のデメリットですが、1度自己破産すると七年間は二度と自己破産できません。これは十二分に留意して、2度と自己破産しなくても済むようにしましょう。

堺市|個人再生手続きは弁護士と司法書士のどちらが良いか/任意整理

個人再生を行う時には、司法書士・弁護士に依頼する事が可能です。
まず、司法書士に個人再生の手続きをお願いした場合は、書類作成代理人として手続きを代わりに実行してもらうことができます。
手続きを実施する時に、専門的な書類を作って裁判所に提出することになるのですが、この手続を任せる事が出来るから、ややこしい手続きをする必要がなくなってくるのです。
但し、司法書士の場合では、手続きの代行をすることはできるのですけども、代理人じゃない為裁判所に行った際に本人の代わりに裁判官に返事をする事が出来ないのです。
手続をしていく中で、裁判官からの質問をされるとき、御自身で答えていかなきゃなりません。
一方、弁護士の場合は、書類の代行手続だけでなくて、裁判所に出向いたときには本人の代わりに受答えを行ってもらうことが出来ます。
弁護士は、個人再生をはじめとする債務整理手続きに慣れている状況になりますから、質問にも適格に答えることが出来るので手続きがスムーズに実行できるようになります。
司法書士でも手続きをおこなうことはできるが、個人再生に関しては面倒を感じる事無く手続きを行いたい際には、弁護士に頼んでおくほうがほっとすることができるでしょう。

関連ページ