奈良市 任意整理 弁護士 司法書士

借金や債務の相談を奈良市に住んでいる人がするならコチラ!

借金の利子が高い

「なぜこんなハメに…。」
借金が増え、多重債務を抱え、自分だけで解決するのは難しい。
そのような状態なら、今すぐ弁護士・司法書士に相談するべきです。
司法書士や弁護士に借金返済・債務の悩みを相談し、一番の解決策を探しましょう。
奈良市で借金の相談をするなら、まずはインターネットの無料相談サービスを使ってみてはいかがでしょう?
パソコンやスマホのネットで、自分の今の状況を落ち着いて相談できるから安心です。
当サイトでは奈良市にも対応していて、インターネットから無料で相談できる法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
借金返済問題を解決するために、できる限り早く司法書士・弁護士に相談することをお勧めします。

奈良市に住んでいる方が任意整理や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の借金返済・多重債務の悩み相談なら、コチラの事務所がお勧めです。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払いは、分割払いもOKです。
相談料はもちろん無料!
借金取り立てのストップも可能です。
任意整理、過払い金、個人再生、自己破産、など、債務・借金について相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談を受け付けてくれるので、お金に悩んでいる方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



ウイズユー司法書士事務所(借金減額の無料診断)

ウイズユー司法書士

奈良市の方が債務整理や借金の相談をするなら、「借金の減額診断」もオススメです。
全国対応の「ウイズユー司法書士事務所」が行う借金減額の無料診断です。
無料診断は、たった4つの質問に回答するだけなのでとても簡単。
診断はWeb上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気軽にできます。
また、診断結果の送信や無料相談もすることができますが、送信や無料相談は匿名OKなので安心です。
◆特徴◆
  • 4つの質問に答えるだけ!
  • 月々の支払いがいくら減るのかが分かる!
  • 匿名・無料で相談OK!
  • 全国に対応!
月々の支払いがいくら減るのか、借金がいくら減るのか、まずは気軽に無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断を匿名で



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国に対応している司法書士事務所なので奈良市に住んでいる人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



奈良市周辺にある他の法律事務所・法務事務所の紹介

他にも奈良市にはいくつかの司法書士・弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

奈良市にある地元の司法書士・弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談の方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金返済に奈良市で弱っている場合

借金がふくらんで返済できなくなる原因は、ギャンブルと浪費がほとんどです。
パチンコやスロットなどの中毒性の高い賭博にはまってしまい、借金をしてでもやってしまう。
しだいに借金はどんどん大きくなり、とても返済できない金額になってしまう。
あるいは、キャッシングやローンで高級品やブランド物をたくさん買い続け、借金がふくらんでしまう。
ファッションやフィギュアなど、ムダに金のかかる趣味に入れあげてしまう、というのも「浪費」と言えます。
自己責任で借りた借金は、返済しなければなりません。
けれど、金利が高いこともあって、完済は容易ではない。
そんな時助かるのが「債務整理」です。
司法書士・弁護士に相談し、借金・お金の問題の解消に最良のやり方を見出しましょう。

奈良市/借金の減額請求って?|任意整理

多重債務などで、借入れの返金が困難な実情に陥った場合に効果のある手法の1つが、任意整理です。
現在の借り入れの状態を再認識し、以前に金利の払い過ぎなどがあれば、それを請求、もしくは今の借り入れとプラスマイナスゼロにして、更に現在の借金において今後の金利を圧縮して貰えるように要望出来る手法です。
只、借りていた元金に関しては、しかと支払うことが大元であり、金利が減額された分だけ、前よりももっと短期間での返金がベースとなってきます。
ただ、金利を返さなくていいかわり、毎月の支払い額は圧縮するのだから、負担は軽くなるのが普通です。
ただ、借入している業者がこのこれからの利子に関連する減額請求に対応してくれない時、任意整理は出来ないでしょう。
弁護士さんに依頼すれば、間違いなく減額請求が通るだろうと思う方もいるかもわかりませんが、対応は業者によって多様で、応じない業者というのも在るのです。
ただ、減額請求に対応しない業者はもの凄く少数なのです。
ですから、現に任意整理をして、信販会社などの金融業者に減額請求を実施することで、借り入れの心痛が随分少なくなると言う方は少なくないでしょう。
実際に任意整理が可能なのかどうか、どれ程、借り入れの返金が縮減するかなどは、まず弁護士さんに

奈良市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/任意整理

はっきり言えば社会一般で言われている程自己破産のリスクは少ないのです。マイホーム、高価な車、土地等高額のものは処分されますが、生きる上で必要な物は処分されないです。
また20万円以下の預貯金も持っていて大丈夫です。それと当面の間の数箇月分の生活する上で必要な費用一〇〇万未満ならばとられる事はないです。
官報に破産者のリストとして掲載されるのですがこれもわずかな方しか見てないでしょう。
又いわゆるブラック・リストに掲載されてしまい7年間の期間ローン若しくはキャッシングが使用出来ない現状になるのですが、これは致し方無いことなのです。
あと一定の職種につけなくなる事があるでしょう。けれどもこれもごく限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返済する事の出来ない借金を抱え込んでいるならば自己破産を実行するのも1つの手でしょう。自己破産をすればこれまでの借金が全部帳消しになり、新たに人生をスタート出来るということでメリットの方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士や司法書士や弁護士や税理士などの資格は無くなるのです。私法上の資格制限とし保証人や後見人や遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれません。だけれどもこれらのリスクはさほど関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きな物ではない筈です。

関連するページの紹介です