佐賀市 任意整理 弁護士 司法書士

佐賀市在住の人が借金返済の相談をするならここ!

借金をどうにかしたい

債務の問題、借金の悩み。
借金・お金の悩みは、自分一人だけでは解決するのが難しい、大きな問題です。
しかしいきなり、司法書士や弁護士に相談するのも、少し不安な気持ちになるものです。
ここでは佐賀市で借金のことを相談する場合に、おすすめの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを利用して相談できるので、初めての相談という方も安心です。
また、佐賀市の法務事務所・法律事務所も紹介しているので、そちらも参考にどうぞ。

借金や任意整理の相談を佐賀市に住んでいる人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

佐賀市の借金返済・債務解決の相談なら、こちらの事務所がおすすめ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いもOK。
相談料金ももちろん無料!
借金の督促をストップするのも可能です。
自己破産、過払い金、個人再生、任意整理、など、債務・借金の悩みについて無料相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談を受け付けてくれるので、お金に困っている人も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



ウイズユー司法書士事務所(借金減額の無料診断)

ウイズユー司法書士

佐賀市の方が債務整理・借金の相談をするなら、まず「借金の減額診断」もオススメです。
全国対応の「ウイズユー司法書士事務所」が行っている借金減額の無料診断です。
無料診断は、たった4つの質問に答えるだけなのでとても簡単。
診断はホームページ上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気軽にできます。
また、診断結果の送信や無料相談をすることもできますが、無料相談や送信は匿名でも可能なので安心です。
◆特徴◆
  • 4つの質問に答えるだけ!
  • 毎月の支払いを減らせるかどうかが分かる!
  • 匿名&無料で相談OK!
  • 全国に対応!
借金がいくら減るのか、月々の支払いがいくら減るのか、まずは気軽に無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断を匿名で



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので佐賀市にお住まいの人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



佐賀市周辺の他の法務事務所・法律事務所の紹介

他にも佐賀市には複数の司法書士・弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●半田法律事務所
佐賀県佐賀市中央本町1-10
0952-97-9292
http://handa-law.jp

●司法書士法人麿法務事務所佐賀事務所
佐賀県佐賀市駅南本町1-23
0120-290-416
http://maro-justice.com

●すず風法律事務所
佐賀県佐賀市唐人2丁目5-8
0952-27-8600
http://suzukazelaw.jp

●本多俊之法律事務所
佐賀県佐賀市多布施1丁目3-17
0952-25-0887
http://honda-lawoffice.jp

●斎藤司法書士事務所
佐賀県佐賀市天神1丁目2-55
0952-23-8220
http://23-8220.com

●藤松司法書士事務所
佐賀県佐賀市城内2丁目14-2
0952-23-3330

●アドヴァンス佐賀事務所(司法書士法人)
佐賀県佐賀市城内2丁目9-28
0952-22-0076

●MCP(司法書士法人)
佐賀県佐賀市神野東4丁目1-15
0952-36-4080
http://e-mcp.jp

●山口司法書士事務所
佐賀県佐賀市愛敬町12-15愛敬マンション1F
0952-25-3370

●川内将弘司法書士事務所
佐賀県佐賀市城内2丁目9-14
0952-23-5151

●佐賀力武総合事務所(司法書士法人)
佐賀県佐賀市水ヶ江3丁目9-17
0952-25-2225
http://rikitake.net

●安永法律事務所
佐賀県佐賀市松原1丁目4-28
0952-23-2465
http://yasunaga-law.jp

●はやて法律事務所佐賀事務所(弁護士法人)
佐賀県佐賀市駅前中央1丁目5-10
0952-40-4005
http://hayate-law.jp

●三池・迎合同司法書士事務所
佐賀県佐賀市大財4丁目1-6
0952-41-2252

地元佐賀市の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務、佐賀市に住んでいてなぜこうなった

クレジットカードのリボ払いやキャッシング会社等は、尋常ではなく高額な金利がつきます。
15%〜20%もの金利を払う必要があります。
住宅ローンの場合だと0.6%〜4%(年間)ぐらい、自動車のローンの場合も年間1.2%〜5%ほどですので、その差は火を見るより明らかです。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定しているような金融業者の場合、金利がなんと0.29などの高い金利を取っていることもあるのです。
尋常ではなく高い金利を払いつつ、借金は膨らむばかり。
借金を増やしたのは自分の責任なので仕方ないのですが、金額が多くて利子も高利という状況では、返済するのは厳しいでしょう。
どのようにして返済すればいいか、もう思いつかないのなら、法務事務所や法律事務所に相談するしかありません。
司法書士や弁護士ならば、借金を返す解決策をきっと見つけてくれるはずです。
長期返済の計画かもしれないですし、過払い金の返還で返済額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決への第一歩です。

佐賀市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|任意整理

債務整理にも色んなやり方があり、任意でクレジット会社と交渉する任意整理と、裁判所を通じた法的整理の自己破産・個人再生という類が有ります。
それでは、これらの手続につきどんな債務整理のデメリットがあるのでしょうか。
これ等3つの手段に共通して言える債務整理のデメリットというのは、信用情報にそれ等の手続を行ったことが掲載されてしまうという点です。いわばブラックリストというふうな状況です。
そしたら、概ね5年〜7年くらいの間は、クレジットカードが創れず借入れができない状態になります。しかしながら、貴方は支払うのに日々苦悩し続けこれらの手続きを実施するわけだから、しばらくは借り入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。
カードに依存し過ぎる人は、むしろ借り入れが不可能になる事によって出来ない状態になる事によって助けられるのじゃないかと思います。
次に自己破産若しくは個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこれ等の手続きをやった事が記載されてしまう点が挙げられるでしょう。しかし、あなたは官報等観た事が有りますか。逆に、「官報とはどんな物」といった人のほうが殆どじゃないでしょうか。
現に、官報は国が作るする新聞に似たような物ですが、信販会社等々のわずかな人しか見てないのです。ですから、「破産の事実がご近所の人々に知れ渡った」等といった事はまずもってないでしょう。
最後に、破産特有の債務整理の欠点ですが、1回破産すると七年間は2度と破産できません。そこは配慮して、2度と破産しなくても大丈夫なように心がけましょう。

佐賀市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/任意整理

はっきし言って世の中で言われているほど自己破産のリスクは少ないです。マイホーム、高価な車、土地等高額なものは処分されるが、生活のために必ず要る物は処分されないです。
又20万円以下の貯金も持っていても問題ないのです。それと当面数箇月分の生活する上で必要な費用100万未満なら取り上げられることはないです。
官報に破産者のリストとして掲載されるがこれもわずかな人しか見ないでしょう。
又いうなればブラックリストに掲載されてしまい7年間ぐらいの間はキャッシング又はローンが使用出来ない状態になるでしょうが、これは仕方無い事なのです。
あと一定の職に就職出来なくなることがあるのです。だけれどもこれもわずかな限られた範囲の職種なのです。
だから債務超過で返済する事の出来ない借金を抱えてるのならば自己破産を進めると言うのも一つの手でしょう。自己破産を実行すれば今までの借金がなくなり、新たに人生を始められると言うことで長所の方がより多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士、弁護士、税理士、司法書士などの資格は停止されるのです。私法上の資格制限として保証人・遺言執行者・後見人にもなれないのです。また会社の取締役などにもなれないでしょう。けれどこれらのリスクはあまり関係が無い時が多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きな物では無いはずです。

関連ページ